この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

一戸建ての修繕の適切なタイミング

一戸建てや集合住宅の修繕工事のタイミング

一戸建てであれば、水まわりのトラブルが発生した段階ですぐに修繕を行い、トラブルを解決することができます。コストのほうも原則として全額自己負担になりますので、その意味ではわかりやすいと言えるでしょう。一方、マンションなどの賃貸物件では管理会社の管轄になるため、たとえ水まわりを修繕しようと思っても自分自身の判断では工事やリフォームを行うことができない場合があります。賃貸物件の括りでも、公営住宅ではさらにルールが複雑です。一部の公営住宅では水道管などのメンテナンスを定期的に公費負担によって行ってくれるところがあり、故障している給湯器などは無償で交換してくれたりもしますので、修繕に対して無駄なコストを費やすことがないよう、メンテナンスのルールについても入居時にあらかじめ確認しておきましょう。

賃貸物件の修繕タイミング

賃貸物件では一戸建てとは異なり、敷地内が共用部分と専有部分に区分されており、入居者側の判断で自由にリフォームや修繕工事を行える範囲が限定されています。基本的に、入居者個人の判断で修繕やリフォームが行えるのは専有部分のみであり、共用部分で発生したトラブルに関しては管理会社側の修繕責任、ということになります。このあたりの違いを把握していなければ、本来であれば過失と判断されるはずの水まわりのトラブルに対しても管理会社側の補償を要求したり、あるいは、補償の対象となるはずのトラブルも自己負担によって修繕してしまったりというミスマッチが起きてしまうため、後々まで困ることのないよう、補償のルールについてはあらかじめ入居時に把握しておきましょう。


TOPへ