この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

戸建の修繕で意識すべきポイント

水まわりのトラブルで困るポイント

マンションでも一戸建てでも、水のトラブルは多岐にわたります。特に集合住宅では、いったん水漏れトラブルが発生すると、床下の部屋にまで影響を与える可能性があるため、この問題は戸建住宅よりも深刻であると言えます。キッチン、バスルーム、トイレなど、エリアに関係なく、水まわりのトラブルの多くは排水管の経年劣化や部品の損傷によって引き起こされます。ただし、排水管自体が破損して水が漏れると、ベース部品全体を交換する必要があるため、修理作業が大きくなり、トータルコストも高くなります。漏れた水が長期間にわたって浸透しつづける場合、床下部分にまで腐食が広がってしまう場合があります。したがって、水漏れなどのトラブルが発生する前に排水管を頻繁にメンテナンスし、健全な状態を維持する必要があります。

業者の専門分野をチェック!

戸建住宅とマンション、賃貸物件では水まわりの配管構造が違うことがほとんどで、戸建住宅をメインとする業者に集合住宅の排水管の修理を依頼すると、場合によっては専門分野ではないからと断られることになりますマンションの修理工事をおもに請け負っている専門の請負業者に依頼するほうがコスト的にも安く、作業そのものもスムーズに進めてもらうことができます。業者ごとの専門分野を見きわめるための手っ取り早い方法は、業者のウェブサイトを細部に至るまで注意深くチェックすることです。良心的な業者のサイトでは、過去の施工事例を画像や動画でわかりやすく紹介しています。複数の業者をまとめて比較する際には一括方式の比較サイトが便利です。


TOPへ