知っておくべき!結婚式のマナー

>

結婚式に招待されたら…?押さえておくべき基本のマナー

一般的なマナー

結婚式の服装で、ふさわしくないと言われているものは、一般的に、毛皮系のもの、全身真っ黒のもの、また黒色ストッキング、ミュール、そして、柄物と白いドレスは避けたほうが良いそうです。

またスカートの丈なども、あまり短すぎないもの、また靴であればつま先は隠れるもののほうが良いようです。

全体的に、「派手」というよりは「清楚」といったもののほうが無難だそうです。
もし、肩が見えてしまう…などのドレスでは、シックな感じの羽織ものをまとったほうが良いようです。

露出の高いドレスなどは、昼間の式にはふさわしくないけれども、夜の式であればOKだそうです。

真っ黒のワンピースなどは、それだけで全身が黒く見えると、不祝儀を連想させてしまうのでNGだそうですが、羽織ものやバックなどで、明るい色を足せば大丈夫だそうです。

結婚式のアクセサリー

これも、結婚式では避けたほうが良いものがあるようです。
一般的に、パールなどの落ち着いたアクセサリーが好まれるようで、あまり光すぎるものは写真を撮るときに反射してしまうそうなので避けたほうが良いようです。
昼間の結婚式には特に光物は良くないそうです。(前述の理由のため)

夜の結婚式では、ゴールドやラインストーンなどの光り物も大丈夫だそうです。

またバッグについても、パーティ用の小さなバッグに荷物が入りきらないために紙バッグを使用するのは避けたほうがよいようで、フォーマルな布地のバッグをクロークに預けて、会場には持って入らないのがマナーだそうです。

靴は、つま先の閉じたもので、アニマル柄などは、NGのようです。
ヒールがある程度あると、足もきれいに見えておすすめだそうです。
妊娠中などの場合を除いては、上品な感じのパンプスがおすすめのようです。


この記事をシェアする