結婚式に参列する際のマナー

知っておくべき!結婚式のマナー

おすすめリンク

埼葛斎場の予約の方法

埼葛斎場の利用を検討しているかたへ、予約の取り方について分かりやすくご紹介いたします。

服装はどんなものが適切?

ある程度の年齢なると、先輩や友人、会社の同僚など、結婚式に招待される場合も増えてきますね。
結婚式は言うまでもなく、新郎新婦が待ち望んで迎える喜びの日です。
また新郎新婦のご両親にもなみなみならぬ感動と意味のある日になるでしょう…。

そんなとき、「こころからのお祝いを伝えたい!」とゲストの皆さんは準備されると思います。
ここでは、現在の結婚式のゲストマナーについて調べてみました。

新郎新婦の親族たちは、何気なく、お相手の友人たちにも興味がおありになると思います。「どんな方々とご友人の人なのだろう…?」ともし、自分の親戚で大切に思っている方が結婚される場合には、相手方の交友関係に興味を持ちますよね。

招待されたゲストは新郎新婦の人柄を示すともいわれるようで、ここで、大切な友人に恥をかかすわけにはいきません。

ここで、肝心なのは、「挨拶」「服装」「スピーチや余興」そして「テーブルマナー」です。
まず挨拶。ご両家のご両親や年配の親族の方にも、丁寧で明るい挨拶をこころがけましょう。新郎新婦のおじい様、おばあ様の中にはご高齢の方もいらっしゃるはずです。そういった方にもお祝いの気持ちをお伝えすることが、どんなにか、その方の心を喜ばせるか想像してみてください。

スピーチや余興については、色々な年代や幅広い人々に受け入れやすい、上品なものを選ぶと無難だそうです。
楽しい雰囲気の中でも、節度を保った余興などが喜ばれるでしょう。

結婚式に招待されたら…?押さえておくべき基本のマナー

結婚式に招待されますと、かなり重要になってくるのが、服装になります。 色々な方が出席される結婚式…。失礼にあたらず、また自分なりの良さを表すことの出来るようなふさわしい服装はどんなものか? ここでは、女性がゲストとして結婚式に招かれた場合のマナーを調べてみましょう。

ご祝儀はいくら位持っていくもの?

結婚式に慣れておられる方であれば、すぐに目安が分かると思われますが、初めて同僚の結婚式に出席する、もしくは親族の結婚式に招待された、というのは誰にでもあることです。 そんな時に、一応のご祝儀の目安が分かっていると安心ですね。ここではそのご祝儀について見ていきましょう。

チャペル式のだいたいの流れ

昔は神前式が多かった結婚式も現在はキリスト教式のチャペルでのウェディングが多くなりましたね。 なかなか、チャペル式の結婚式に慣れない…というかたもいらっしゃるのではないでしょうか? ここでは、キリスト教式のチャペル結婚式の流れについて調べてみました。